本文開始位置

株式会社立松鉄工:先輩社員紹介

画像:先輩社員

画像:先輩社員

2014年に立松鉄工に入社しました。元々、協力会社として立松鉄工の仕事をやっていたので、仕事の内容は同じですが、視野は広がりました。常に責任と緊張感を持ち、工場や現場でスムーズに仕事が進む様に心掛けています。ただ、建物が建つまでは安心できません。

画像:先輩社員

2014年に立松鉄工に入社し、設計課に属しております。建築も鉄骨も全てが初体験でゼロからのスタートでした。入社したころ、先輩方に毎日熱心かつ親切に教えていただいて、少しずつ仕事を覚えることができました。私の仕事は3DCADで図面を作成して、チェックしてから、CADで修正をすることです。どんな作業をしていても「正確」と「効率よく」を心掛けて仕事をしたいと思います。

画像:先輩社員

2008年に立松鉄工に入社し、9年間現寸課で働いていました。2017年から設計課に所属になりました。設計課での仕事の内容としては、設計図を基にゼネコン、設計事務所と打ち合わせを行い、より円滑に施工図を作成することです。日々勉強を重ねて、次のステップを目指して頑張っていきたいと思います。

画像:先輩社員

画像:先輩社員2017年に入社し、設計課に配属となりました。当初は建築の知識は何もなく、何をするにも分からないことばかりでした。学生のころに思い描いていた将来像とは異なり、どうして働いているのか、これからの自分の人生がどうなるのか分からずに悩みました。ですが、仕事を続けていると、分からないことも徐々に少なくなり、仕事が楽しいと思うようになりました。まだ、一人前の設計士には程遠いですが、近づけるように頑張りたいと思います。

画像:先輩社員

画像:先輩社員2017年に立松鉄工に入社し、建築・鉄骨の知識も全てゼロからのスタートでした。最初は不安しかありませんでしたが、先輩から仕事を教えていただくにつれ少しずつですが仕事が楽しくなってきました。これから入ってくる後輩社員の手本となれるような社員になりたいです。

画像:先輩社員

画像:先輩社員2018年に入社し、1年間工場で勤務したあと2019年に現寸課へ配属になりました。何を基準にして材料の形が決まるのか、どのようにして母材に取り付くのかが分かってくると楽しいです。まだ知識は乏しいですが、一人前になれるように努力していきたいです。

ページトップへ

→ プライバシーポリシー